めまいのみの症状の場合も注意

めまいのみの症状の場合も注意

人体において、頚椎は頭蓋骨を支えるための大切な部位となります。たった7本の骨でしか頭蓋骨を支えていないと言う意味においては、たった1本でも不具合が生じると、ただそれだけで様々なトラブルを発生させてしまうことになります。

この状態を頚椎ヘルニアと言い、首周りや肩周辺の痛みだけでなく、症状が悪化すると手足が痺れる、めまいがすると言った、身体全体へも悪影響を及ぼしてしまいます。

頚椎ヘルニアとめまい

稀に、頭痛やめまいを感じるものの、特に肩などに痛みはない、手足に異常が無いと言ったことから別の治療方法を行い、頚椎ヘルニアの存在を見逃してしまうと言う場合もあります。

頚椎ヘルニアの症状は一つだけではなく、多岐に渡るため、身体的な異常を感じなくとも、吐き気やめまいなどを高頻度で感じる場合は必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

早期発見、早期治療が望ましく、長期に渡って放置しているなどすると症状が悪化してしまい、困難な手術を受けなければならなくなると言った場合もありえます。

頚椎は非常にデリケートな部位であり、重症ともなると完治に長期間を必要とする場合も出てきますので、小さな違和感であっても継続するようであれば診断を受けるべきでしょう。

また、一度頚椎ヘルニアの手術をした数年後になって再び頭痛やめまいを覚えることも稀ながらあります。この場合も完治しているはずと思わず、再発の可能性を考慮して医師の診断を受けるようにしましょう。