名医による頚椎ヘルニア手術

名医による頚椎ヘルニア

首や肩にぴりっとした痛みや痺れを感じて、頚椎ヘルニアが疑われても、初期段階では温熱療法やマッサージなどの治療法や体操などで、症状を改善していくことができます。

ただし、症状が悪化したり治療を続けても回復の見込みがない場合は、手術を行うこともあります。患者さんの間では、手術は大変だし痛そうだけど、病状が悪化してしまったのなら、また手術できちんと治るなら仕方ないし、痛みに我慢できないので手術で何とかして欲しいと思われている人もいるでしょう。

頚椎ヘルニア手術の名医

しかし、椎間板にできたヒビから飛び出した髄核を取り除いて、神経や脊髄の圧迫を和らげるといった手術は、実はどんな名医と言われている医師が行ったとしてもリスクはゼロではないのです。

頚椎という部位は、小さな骨が組み合わさって構成されており、更に中を細い多数の神経や体の運動機能を司る脊髄などが走っています。

更に、手術の際に視野が狭く、神経や脊髄を傷つけないように行うには、高度が技術を要するのでかなり難易度が高いと言われています。

また、感染症や麻酔による痺れなどの後遺症、出血による血管狭窄など名医をもってしても、頚椎ヘルニア手術には様々なリスクを伴います。その上、個人個人の病状によってはあまり回復が認められないケースもあるなど、期待した以上の成果が見られない場合があるということも覚えておきましょう。

やはり、できることなら、手術しないで頚椎ヘルニアを回復するような治療法を行うのが、理想的だと言えます。


名医でもやはりリスクは残ります

手術に関しては、一時的な症状の緩和ではなく、根本的な改善を期待して行うものと位置づけられるのではないかと思います。しかしながら、必ずしも手術したからと言って治るというものでもないところが多くの方が決断するのに時間がかかるのだと思います。

確かに、手術をしたけれど、結局症状は治らなかったという方、他の部位が痛み出したというような方もたくさんおられるのが現状です。そして何よりも頚椎ヘルニアの手術には高いリスクが伴います。これは名医と呼ばれる執刀医でも、同じことです。そのため、早急に手術しなければ大きな危険がある場合以外は、できれば避けたいところです。

そういう意味では、このサイトでも紹介しているような手術無しでもたくさんの方を改善させている治療法をまずは試されてからでも遅くはないのではないでしょうか。