頚椎ヘルニアとは?

頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアというのは、正式には頚椎椎間板ヘルニアのことです。

頚椎は椎骨という7つの骨からなり、この骨と骨の間には椎間板という、クッションのような働きをする部位があります。また、椎間板の中には内側は髄核というゼリーのような柔らかい組織、外側には繊維輪軟骨というゼリーをしっかり包み込む硬い組織で構成されています。

椎間板にヒビが入り、髄核が繊維輪軟骨を突き破ったり、押し出したりすることで神経を圧迫する病気のことを、頚椎ヘルニアと言います。

主な原因としては、加齢による椎間板の衰えや、首に負担のかかる姿勢での長時間の作業、過度のスポーツや交通事故など不慮の事故による椎間板への損傷などが挙げられます。

頚椎には、脊髄中枢神経という真ん中を走る神経と、頚椎の左右を走る頚椎神経の2つの神経が通っているとてもデリケートが部位ですが、これらの神経を外部の刺激から守る役割の椎間板に損傷があると、椎骨同士が直接接触するので、神経がこすれあったり、圧迫されて痛みや痺れなど様々な症状が出てきます。

首の痛みが長期間続いたり、手足に痺れを感じたり動かしにくくなったら頚椎ヘルニアを患っている可能性が高いといえます。

長期にわたる首の痛みは要注意

まずは頚椎ヘルニアとはどのような疾患なのかをよく知った上で病院を受診し、レントゲンやMRIなどを使って首の検査を詳しく行い、病状を把握することが大切です。

1日2日で目覚しく改善させるのは難しいので、気長に治療していくことも重要です。

患わないように日常生活で姿勢に気をつけることも大切ですが、不慮の事故や加齢が原因ともなるので誰でも起こりうる疾患であることはよく覚えておく必要があります。


正しい改善のために

やはり正しく治療を行うためには最低限のことくらいは知っておく必要があります。その上で、自分が行う治療法は果たしてどういうものなのかを知り、慎重に治療を進めることが大切だと思われます。

頚椎というのはそれだけデリケートなところです。例えば、間違ったストレッチ等を自己流で行ってしまうと症状を悪化してしまう危険性も十分にあります。頚椎ヘルニアの知識と併せて、もし薬等の投与等されている場合は、その中身について、どのような副作用が懸念されるのか等に関しても、知っておく必要があります。やはり薬には常習性もあります。一生その薬に頼っていかなければならないと言うのは非常に危険なことでもあります。ある病院で薦められた薬を他の病院では必要ないと判断されることも良くあることです。

そういう意味で、できるだけ多くの知識を持っておくようにすべきです。