頸椎症の症状緩和方法について

頚椎症症状緩和方法

頚椎症はその症状として、頭痛やめまい、吐き気などを感じることがある他、首周りの違和感や手足の痺れなど、局所的ではなく、身体全体にまで影響を及ぼしかねないものでもあります。多くの場合においては不幸にも頚椎周辺に大きな衝撃を与えられた、交通事故などにより後頭部にショックを受けた、などの理由から発症してしまうのですが、中には頚椎周辺の血行が何らかの理由で阻害される、日常的に無理な体勢をとり続けてしまった結果、発症してしまう場合もあります。

頚椎症の症状は非常に重く、重度になると身体機能のほとんどが満足に使えないと言った事態にもなりかねません。出来るだけ早期治療が望ましくありますが、完全な治療方法は、一般的には手術しかないとされているのが現状です。

頚椎症の症状の緩和方法としては、第一に首周りは安静にすることが大切ですが、温熱治療として暖かいタオルを首に巻く、効果的なストレッチを実施するなども症状の緩和方法として適しています。しかし、これは痛みの緩和の方法であり、完治を目指すための方法とは言い切れない点もあるため、状態がひどくなる前に医師の診断を受け、適切な処置を受けることが最も優れた緩和方法と言えるかもしれません。

ブロック注射

そして、重度になると手術が困難になり、腕の良い医師が最寄にいないと言った場合においては、一定期間の間ブロック注射などの対処療法となる場合もあります。

少しでも首周りに違和感を覚える、手足の痺れがあるなど、思い当たる点などあれば早急に病院に足を運び、医師の診断を受けるようにしましょう。



多くの実績のある頚椎症治療法

頸椎症症状緩和にも役立つ中川式ストレッチ

現在、頚椎症の治療として行われているものの多くは、緩和のみを目的とした対症療法です。一時的に症状は緩和できますが、これだけでは、根本的な治療にはなりません。

当サイトでお薦めしている2つの治療法は、症状の緩和はもちろんのこと、根本的に頚椎症を改善することができる治療法です。手術等と異なり、治療のリスクはありませんので、ご検討頂ければと思います。