頚椎症手術のリスクについて

頚椎症手術のリスク

頚椎症の治療法としては、首や肩を温めたりマッサージすることによって血流を促し、筋肉を和らげる温熱療法などの理学療法や、首を固定する装具療法、脊椎を正しい方向にひっぱって骨のゆがみを直す牽引療法などが一般的です。また、痛みや炎症がある場合は、ステロイド剤などの薬を内服したり、シップなどの外用薬を貼ったり、更に直接注射するという薬物療法も行われます。

頚椎症のうち軽い初期症状の場合は、基本的には手術をしなくても病状は改善しますが、病状が悪化し突き出た骨が神経を圧迫して、痛みや痺れを強く日常生活に支障をきたす場合や脊椎の変形がひどい場合、事故などで脊髄に損傷を受けた場合などは、手術が行われることがあります。頚椎症の手術では神経を圧迫している骨を取り除いたり、骨を動かして神経に触らないようにしたり、更にずらした骨が不安定な場合はボルトなどで固定するといったことが行われます。

頸椎症の手術リスク

ただ、この手術は、100パーセント安全というわけではなく、ある程度のリスクが伴うことを覚えておきましょう。主なリスクとしては、脊椎はとても狭く細いので手術が難しく、出血が止まらないと溜まった血液が脊髄を圧迫して痺れや神経麻痺などを引き起こしたり、神経根や脊髄に損傷を与えたり、傷口から細菌が入って感染症を起こすなどの合併症が考えれられます。

更に、声帯へ向かう神経が引っ張られると声がかすれたり、出にくくなる、食道へ向かう神経が圧迫されると食べ物がのみこみづらくなるというリスクもあります。そして、手術をしても神経や脊髄がうまく回復せず、あまり病状が改善されないというリスクもあります。


まずはリスクのない治療から

頚椎症の手術リスクに関して、多くの方が認識しています。部位が部位ですから一つ間違えれば、取り返しの付かない状態にもなり兼ねません。このようなリスクの高さから、手術に踏み切れない方はたくさんおられます。

頚椎症の手術に関して案外知られていないことは、手術をしても改善しない場合があるという点。実際に手術をするかどうかの検討をされている方の多くは医者から具体的な話があるものと思われますが、そうでない場合は、この点について誤解をしている方も多いようです。

上記の通り、そのリスクの高さから、手術のような根本的な解決のできる治療法をあきらめ、症状を軽減するだけの緩和療法を長期間続けられている方も多いものと思われますが、そのような方にこそ、このサイトで紹介している2つの治療法を検討いただきたいと思っています。絶対にこれらの治療法で治るとは、もちろん言い切ることはできませんが、数多くの頚椎症でお悩みの方が改善されているのは事実です。また、リスクのない治療法ですので、緩和療法だけを行い、つらい思いを継続されるよりも、この治療法を試してみることは良い選択肢ではないかと考えています。


頸椎症の2つの治療法 中川式治療法 徳永式治療法