頸椎症とストレートネックとの関係

ストレートネックとの関係

頚椎症とよく似ているストレートネック

頚椎症というのは、首や肩などにこりや痛みが生じる症状です。神経が圧迫されていることが原因のものや、脊髄が圧迫されているものなどがあります。症状の出方には個人差がありますが、首や肩のこりが慢性的にある人や、指先がしびれているという人などは、疑ったほうが良いかもしれません。

同じような症状を起こすものとしてストレートネックというものがあります。これは長時間、前傾姿勢を取っていたりすることが原因となっています。

ストレートネックの場合は、頸椎の変形による神経の圧迫状態にはない

ストレートネックの症状は首がまわらなくなったり、指先がしびれたりというように頚椎症とよく似ています。

ただし、頚椎の変形や変性によって神経が圧迫されたりという状態にはなっていないのです。それよりも筋肉の強張りによって自律神経に異常が生じて、めまいや吐き気、頭痛などが生じるケースが多いようです。

いずれにしても、薬や手術では根本的な改善にはならないこともあります。その場合は、自分でもできるストレッチを続けることで効果が期待できるケースもあるのです。

頚椎症の場合よりも、ストレートネックの場合のほうが病院にかからなくても治せるケースが多いと言えるでしょう。枕を替えるだけでも症状が緩和されることもありますし、ストレッチなども効果を発揮するケースがあります。もちろん、無理に動かそうとするのは逆効果ですが、ゆっくりと痛みに合わせながら行っていくことで、しだいに症状がよくなっていくという人もいるのです。ただし、やはり適切な方法で行わなければ逆効果です。

当サイトでお薦めしている2つの治療法のうち、特に徳永式治療法は、このストレートネックの患者さんの治療に関しても、数多くの実績を持っているようです。